若者よ、学生時代からマイ金庫を持つべし

wakamono_gakuse

何事も若いうちから用意をしておくことに無駄はありません。かの有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏も、投資を始めたころに投資をしていなかった頃の自分はそれだけ損をしていたという発言をしています。そのため、何事も若い内から行っておくことは何につけても得になると言えるでしょう。そのような背景から、私は世の若い人たちに向けてある忠告をしたいと思います。それは「若者よ、学生時代からマイ金庫を持つべし!」というアドバイスです。

マイ金庫というのはその名前の通り、自分だけの金庫のことです。自宅に家族が用意した金庫を置いている家庭は多いかもしれませんが、学生時代から自分専用の金庫を持っているという方はそれほど多くないと思います。これは学生時代にそれだけ守るべき貴重なものを持っていないことが理由としてあげられるでしょう。しかし、大切なものが無いからといって金庫を持ってはいけないわけではありません。むしろ大切なものが無い内から金庫を持っておくことによって、大切なものができてからその金庫をすぐに使うことができます。
(参考:結婚をしても財布と金庫は別々にしたほうがいい?

また、学生時代からマイ金庫を持っておくべきであるメリットとしては、金庫の使い方を覚えることができるという点もあるでしょう。金庫は単純なように見えて複雑な製品ですので、それを使用する上ではいくつかの気をつけるべきポイントがあります。そのポイントをしっかりと意識しておくためには、まずその金庫を使ってみる経験が必要になるのです。このような点からも、金庫になれるという目的でマイ金庫を学生時代から持っておくのは損することはないと思います。

この忠告を聞いていただけた学生の方々は、安いものでもかまいませんので金庫を購入するようにしましょう。そして金庫を常時使用するようにし、学生時代からその金庫の使い方に慣れたり、大切なものがすでに存在していたりすればそれを保管するようにしてみてください。